【ソチ共同】ソチ冬季五輪第14日の20日、新種目のフリースタイルスキー・ハーフパイプ(HP)の女子で小野塚彩那(25)が銅メダルを獲得した。今大会の日本のメダルは8個となり、海外五輪で最多となった。史上最多は1998年長野五輪の10個。

フィギュアスケートは女子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)16位の浅田真央(23)はジャンプをほぼ完璧に決めて意地を見せ、6位と挽回した。

アデリナ・ソトニコワ(ロシア)がSP2位から逆転優勝、2連覇を狙ったキム・ヨナ(韓国)は2位。

鈴木明子(28)は8位、初出場の村上佳菜子(19)は12位だった。