アルペンの男子大回転は2006年トリノ冬季五輪の複合覇者で、1回目トップのテッド・リゲティ(米国)が合計2分45秒29で初優勝した。スティーブ・ミシリエ(フランス)が0秒48差の2位に入った。

2連覇を狙ったカルロ・ヤンカ(スイス)は13位に終わった。(共同)