【ソチ共同】日本オリンピック委員会(JOC)は19日、ノルディックスキー・ジャンプの男子ラージヒルで銀、団体で銅のメダルを獲得した41歳の葛西紀明(土屋ホーム)のジャンプスーツをスイス・ローザンヌの五輪博物館に寄贈したと発表した。

国際オリンピック委員会(IOC)から「7度の五輪出場は冬季史上最多で、銀メダル獲得は今大会のハイライトの一つと考える」として依頼があった。要請に応じ、スーツにはサインもした。