【ソチ共同】フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)ら出場選手は、19日夜(日本時間20日未明)のショートプログラム(SP)に向け、午前に行われた試合会場での公式練習でSPの曲をかけて滑るなど最終調整した。前回バンクーバー冬季五輪銀メダルの浅田は、鍵となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。

前回8位の鈴木明子(邦和スポーツランド)は衣装を赤に変更し、2連続3回転ジャンプの修正に励んだ。初出場の村上佳菜子(中京大)はバイオリンの音色に合わせ、2連続3回転などSPで組み込む三つのジャンプを着氷した。