ソチ冬季五輪第13日の19日、スノーボードの女子パラレル大回転で、4大会連続五輪出場の竹内智香は決勝でパトリツィア・クンマー(スイス)に敗れ、銀メダルとなった。今大会日本勢7個目のメダルで、スノーボードでは日本女子初。

スピードスケート女子5000メートルで日本勢は藤村祥子の10位が最高。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が2連覇した。

カーリング女子準決勝は3連覇を目指すスウェーデンとカナダが勝って20日の決勝に進んだ。

ノルディックスキー・距離男子団体スプリント・クラシカルで日本は予選落ち。フィンランドが優勝し、女子はノルウェーが制した。