新潟県村上市は19日、ソチ五輪スノーボードハーフパイプで銀メダルに輝いた市立村上第一中3年の平野歩夢選手(15)に「市スポーツ特別栄誉賞」を贈った。市役所で開かれた授与式で平野選手は「みんなが応援してくれたことが結果につながった」と感謝の思いを述べた。

冬季五輪の日本代表として最年少メダリストとなった中学生ボーダーを一目見ようと、市民や職員ら約100人が正面玄関でお出迎え。銀メダルをかけて現れた平野選手は花束を受け取ると照れ笑いを浮かべた。

大滝平正市長からプレッシャーがあったか聞かれると、平野選手は「滑るとあまり気にしなかった。自信があった」と一言。