渡部暁斗選手が所属する北野建設の社員ら約250人は18日夜、長野市西後町の北野文芸座に集まり、大型スクリーンに映し出される渡部選手に声援を送った。社員らは「よく頑張った」と万歳をして健闘をたたえた。

 仕事を終えた社員らは、そろいの法被に「必勝」の鉢巻き姿で応援。笛と和太鼓の音頭に合わせ「あきと、あきと」と大声で名前を繰り返した。終盤まで先頭集団で競り合ったクロスカントリーでは、立ち上がって「頑張れ」「来い、暁斗」と絶叫した。

 北野建設スキー部のフィジカル・コンディショニングコーチ梅本稔さん(54)は「途中転倒したのに、よく持ち直して6位入賞した。団体戦も期待したい」。同社経理部の田中沙夜香さん(28)は「世界のトップ選手の中で、粘り強さを見せ頑張る姿に、とても元気をもらった」と笑顔で話した。