オリンピックの勝利はこんなにも難しいのか-。ソチ冬季五輪女子アイスホッケーの日本は、最終戦の7位決定戦で、ドイツを相手に試合の主導権を握りながら2-3で競り負けた。16年前と同じ5戦全敗。長野の壁は越えられなかったが、近藤陽子と中村亜実(ともに八戸市出身、西武)は「世界で戦えることがはっきりした」「力は出し切った」と話し、決して下を向かなかった。