【ソチ共同】ソチ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子団体で3位となった日本の葛西紀明(41)、清水礼留飛(20)、伊東大貴(28)、竹内択(26)の4人が試合から1日たった18日夜(日本時間19日未明)、五輪公園でメダル授与式に出席した。

あいにくの雨の中での式典だったが、4人はガッツポーズをしながら表彰台に跳び乗るパフォーマンスを披露し、銅メダルを首から下げると最高の笑顔を見せた。男子ラージヒルの「銀」に続くメダルを手にした葛西は「2個目は軽い感じもしますが、中身は重いです」と、年下の仲間と喜びを分かち合った。