アイスホッケー女子の日本代表は18日、五輪最終戦となる7位決定戦をドイツと戦う。県勢の近藤陽子、中村亜実(ともに八戸市出身、西武)ら選手たちは17日、前日の試合終了が日付をまたいだ遅い時間帯だったことを考慮し、練習を行わず体を休めた。