【ソチ共同】2010年バンクーバー冬季五輪のアルペンスキーで金メダルを含む三つのメダルを獲得したアクセルルント・スビンダル(ノルウェー)が17日、アレルギーで体調を崩したことを理由に19日の大回転の欠場を決めた。22日の回転にエントリーする予定はなく、メダルなしに終わる見通し。

AP通信によると、スビンダルは「ここでは何らかのアレルギーを訴えている選手がたくさんいる。僕は空気中のちりに悩まされているが、コンクリートが原因だと思う」と訴えた。ソチ入り直後から目のかゆみや鼻づまりの症状が出たという。

2連覇を狙った16日のスーパー大回転は7位と不振だった。