岡山県倉敷市は17日、地元の出身で、ソチ冬季五輪の男子フィギュアスケートで6位入賞を果たした高橋大輔選手(27)に「倉敷市長特別賞」を贈ると発表した。

伊東香織市長は記者会見で「惜しくもメダルを逃したが、最も美しいスケーティングとけがからの克服で、市民に勇気と感動を与えてくれた」と理由を語った。

また、スケート界に与えた影響について「高橋選手の背中を見て、羽生・町田選手など多くの後輩が育った」と功績をたたえた。

市によると、特別賞は2007年の世界選手権で高橋選手が第2位になったのを契機に創設され、高橋選手の受賞は2回目。授与式は今後に決定する。