ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子で6位入賞を果たした高橋大輔選手(27)をたたえる懸垂幕が17日、出身地・倉敷市の本庁舎に掲げられた。

 懸垂幕は長さ7メートル、幅64センチ。「祝」の赤文字とともに「ソチオリンピック6位入賞おめでとう! 高橋大輔選手」と記している。同市スポーツ振興課職員が立ち会い、午前9時から委託業者が取り付けた。

 懸垂幕を見上げていた市内の主婦(54)は「惜しくも2大会連続のメダル獲得はならなかったけれど、素晴らしい演技を見せてくれた。地元として誇らしく思う」と話した。

 同市は、高橋選手の出身地に近い市水島支所にも同じ懸垂幕を設置した。