アイスホッケー女子の5~8位決定予備戦で、日本はロシアに3―6で敗れた。この大会ここまで4戦全敗で、五輪初勝利は18日に行われるドイツとの7、8位決定戦に持ち越された。

日本は0―1で迎えた第2ピリオドに山根(Daishin)が同点ゴール。再び勝ち越しを許した直後に床(西武)が決め、再び同点としたが、守備が安定せず、たて続けに2点を失った。第3ピリオドに大沢(三星ダイトーペリグリン)の得点で1点差としたが、さらに2点を失い、リードを広げられた。(共同)