【ソチ共同】フィギュアスケート女子の公式練習が16日に行われ、金メダルを目指す浅田真央(中京大)は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)やフリーで跳ぶ2連続3回転ジャンプを軽やかに決めた。団体を終えた後、日本チームが練習拠点を置くアルメニアで調整し、15日に再びソチ入り。約1週間ぶりとなる試合会場での滑りで好調を印象付けた。

五輪2連覇を狙うキム・ヨナ(韓国)は浅田と別の組で調整した。単発の3回転ルッツで回転が抜ける場面があったが、高難度のルッツ―トーループの2連続3回転ジャンプは鮮やかに成功。試合会場で滑るのは初めてで、手応えを話した。