【カイロ共同】ソチ冬季五輪のアルペンスキー女子回転に出場する中東レバノンのジャッキー・シャムーン選手(22)の上半身裸の映像や写真が16日までにインターネット上に流出した。担当閣僚が「国の評判」にかかわるとして調査を命じる騒動となったが、国内では選手擁護の声が相次いでいる。AP通信が報じた。

同選手によると、流出したのは3年前にカレンダー用の写真を撮影した際、その準備として撮られた映像などで、公開されるはずではなかった。同選手は自身のフェイスブックで「レバノンは保守的な国で、これらの画像は私たちの文化を反映したものではない」として「謝罪」を表明した。