【ソチ共同】ソチ冬季五輪第9日の15日、ノルディックスキーのジャンプ男子ラージヒル(HS140メートル、K点125メートル)で41歳の葛西紀明(土屋ホーム)が139メートル、133・5メートルの合計277・4点で2位に入り、7度目の出場で初めて個人種目のメダルを手にした。冬季五輪の日本勢最年長メダルで、今大会の日本選手団のメダルは5個になった。

ジャンプでは、団体で優勝し、ラージヒルで船木和喜(フィット)が金に輝くなど大活躍した1998年長野五輪以来4大会ぶりのメダル。

葛西は北海道出身で94年リレハンメル五輪団体2位。9日のノーマルヒルは8位入賞。