【ソチ共同】ソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦(19)=ANA=が快挙から一夜明けた15日、ソチで記者会見し「最高の舞台で素晴らしい評価をいただいたことを誇りに思う」と晴れやかな笑顔を見せた。

日本男子として初の頂点に立ったが、14日のフリーではジャンプで転倒するなど本領を発揮できなかった。「五輪の怖さ、五輪の魔物も少し感じた。自分に負けた感じ」と悔しさも口にした。この日の朝にかけて「なぜ(3回転)フリップでミスをしてしまったかとか、そういうことばかり考えていた」といい、高い向上心をのぞかせた。