ソチ冬季五輪のスピードスケート男子500mで5位の加藤条治と6位の長島圭一郎が15日、成田空港に帰国し、今後について問われた31歳の長島は「僕自身は決めているが、僕の気持ちだけでは決められない」と現役引退の意向をにおわせた。

長島は「毎回、五輪でそのシーズンは終わりと決めている」と今季残りの試合には出場しない。3度目だった五輪を「金メダルは目指していたが、届かないというのはある程度分かっていた。実力のなさかなと思う」と振り返った。

29歳の加藤は表彰台を独占したオランダ勢について「3人とも強かった」と話し、今後については「まだ何も考えていない」とした。