ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルは、予選免除で本戦に臨む五輪7大会連続出場の41歳、葛西紀明(土屋ホーム)が個人で初の表彰台を狙う。

カーリング女子の日本は1次リーグ6戦目で、前回銀メダルの強豪カナダ戦。

スピードスケート男子1500メートルは19歳の近藤太郎(専大)が出場する。不振のショートトラックは女子1500メートルで酒井裕唯(日本再生推進機構)伊藤亜由子(トヨタ自動車)桜井美馬(東海東京証券)が挽回を期す。スケルトン男子は高橋弘篤、笹原友希(ともにシステックス)が3、4回戦。

アルペンスキーの女子スーパー大回転は、スーパー複合覇者のマリア・ヘフルリーシュ(ドイツ)や、滑降で優勝を分け合ったドミニク・ギザン(スイス)、ティナ・マゼ(スロベニア)らが争う。(共同)