【ソチ共同】女子スノーボードクロスで3度目の五輪に臨む27歳の藤森由香(アルビレックス新潟)が14日、公式練習で本番のコースを初めて滑り「軟らかい雪で荒れている。気を抜くとバランスを崩してしまう」と高い気温で緩んだ雪質を警戒した。

19歳で迎えた2006年トリノ冬季五輪で7位に入賞し、4年前のバンクーバー五輪は公式練習中に転倒して頭部を強く打って競技直前に棄権した。「前回のけががあるので、焦らずに一つ一つ丁寧にやるのが今回の課題。無理せず一本一本レベルアップすればいい」と16日の試合までに着実に仕上げる姿勢だ。