ソチ冬季五輪第8日の14日、カーリング女子で北海道銀行の日本は、1次リーグ第5戦で英国に3―12と大敗し、通算成績2勝3敗となった。

バイアスロンの女子15キロで、日本勢は鈴木芙由子の52位が最高だった。ノルディックスキー距離の男子15キロクラシカルは、ダリオ・コロニャ(スイス)が距離複合に続き今大会2冠。アルペンスキー男子スーパー複合は、サンドロ・ビレッタ(スイス)が優勝した。

フィギュアスケートは男子フリーに、前日のショートプログラム(SP)でトップに立った19歳の羽生結弦が金メダルに挑み、4位の高橋大輔と11位の町田樹も上位を狙う。(共同)