ソチ冬季パラリンピックに出場する日本選手団第1陣が14日、成田空港から出発し、前回大会で2個の金メダルを獲得した新田佳浩(日立ソリューションズ)が「五輪の(日本勢の)活躍を見てスイッチが入った。自分の力を出し切り、納得できるレースをする」と意気込みを示した。

開会式で旗手を務める太田渉子(日立ソリューションズ)は「いよいよという感じ。開会式では日本の顔としてしっかりと行進したい。一番いい色のメダルを目指す」と笑顔で話した。

出発したのはノルディックスキー距離、バイアスロンの6選手で、27日までイタリアで合宿を行い、3月1日にソチ入りする。