ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子ショートプログラムを中継したNHK総合の番組の視聴率は、首位に立った羽生結弦選手が登場した時間帯の放送(14日午前1時50分~午前3時40分)で、関東地区11・9%、関西地区12・9%だったことが14日、ビデオリサーチの集計で分かった。

高橋大輔、町田樹両選手が出場した時間帯は、関東で12・9%、関西で13・0%だった。

高橋選手は、佐村河内守氏が別人による代作を明らかにした「ヴァイオリンのためのソナチネ」を使用したが、中継ではアナウンサーによる曲紹介やテロップ表示はなかった。