ソチ冬季五輪スケルトン女子の小室希選手(28)=仙台大職、村田町出身=を応援するパブリックビューイングが13日、宮城県柴田町の仙台大であり、学生や教職員ら約150人がインターネット中継を大型スクリーンで観戦した。

 小室選手は4年前のバンクーバー冬季五輪では、そりが国際連盟の規格に違反して失格となった。スクリーンに登場し順調に滑走を始めると、学生たちは棒風船を打ち鳴らし「ゴーゴーのぞみ」と大きな声援を送った。

 ボブスレー・リュージュ・スケルトン部の大学院1年進藤亮祐さん(23)は「1回戦は横滑りのミスがあったが、2回戦は修正された。コースに慣れる14日はさらにいいタイムになるのではないか」と活躍を期待した。

 応援の音頭を取った1年有明宏祐さん(19)は「多くの学生が集まり、期待の大きさを実感した。最終日の14日も頑張ってほしい」と話した。