【ソチ共同】ソチ冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで2位に入った渡部暁斗(25)=北野建設=がレースから1日たった13日夜、五輪公園でメダル授与式に臨み「メダルよりも自分がやったことの方が意味がある。これは記念品と思って。次にいいレースができれば金メダルになるかもしれないし」と18日の個人ラージヒルに意欲を見せた。

複合の日本選手では1994年リレハンメル五輪以来20年ぶりの表彰台に上がった渡部暁は、両手を突き上げ、銀メダルを首にかけてもらうと爽やかな笑みを浮かべた。