フィギュアスケート男子SPが行われ、初出場の羽生結弦(ANA)が4回転ジャンプを決めるなどほぼ完璧な演技で、国際大会のSPでは史上初の100点超えとなる101・45点で自身が持っていた99・84点の世界歴代最高得点を塗り替え、トップに立った。

前回バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大大学院)は冒頭の4回転ジャンプに失敗して86・40点の4位につけた。町田樹(関大)は3回転ルッツが2回転となり、83・48点で11位。

2位は世界選手権3連覇のパトリック・チャン(カナダ)で97・52点、3位はハビエル・フェルナンデス(スペイン)で86・98点。(共同)