【ソチ共同】ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子に出場する19歳の村上佳菜子が13日、ソチに到着した。団体に出場しなかったため、19日(日本時間20日未明)の女子ショートプログラムに向けて日本で調整を続け「試合前としては今までで一番いい状態。メダルもほしいけど、8位以内の入賞を目指す」と目標を掲げた。

1月の四大陸選手権では、右足首に痛みを抱えながら初優勝を果たした。現在はほとんど痛みがないといい「練習でもプログラムを通してノーミスで滑れた」と自信をのぞかせた。

団体に出場した浅田真央、鈴木明子は日本チームが用意したアルメニアの練習拠点で調整している。