【ソチ共同】ソチ冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得し、複合の日本勢で20年ぶりに個人種目の表彰台に立った渡部暁斗選手(25)=北野建設=が一夜明けた13日、現地で記者会見し「20年という時間は知らなかった。最初の種目でメダルが取れたことで肩の荷が下りた」と晴れやかな表情で語った。

昨夜はメールや短文投稿サイトのツイッターなどに300件近い祝福のメッセージが届き、複合の先輩の荻原次晴さん(44)がテレビ番組で号泣したことも耳に届いた。