【ソチ=市川泰之】スノーボード男子ハーフパイプで今大会日本勢初のメダルをもたらした中高生コンビ、平野歩夢(15)=バートン=と平岡卓(18)=フッド、岐阜県スキー連盟登録=のメダル授与式が12日夜、五輪公園で催された。

 式は聖火台のある広場であり、大勢の観客が見守る中、表彰台に立った平野は銀メダル、平岡は銅メダルを首にかけられた。2人は笑顔でメダルを手に取り、歓声に応えた。

 冬季五輪の雪上競技では史上最年少メダリストとなった平野は「今まで取ったどのメダルより重くて、五輪は違うと感じた。両親や地元で応援してくれる人に見せたい」と喜びを口にした。

 平岡は「日本の国旗が二つ揚がって、2人でメダルが取れて良かったと思った。家族や支えてくれた人に感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。