【ソチ共同】スピードスケート・ショートトラックの日本代表は12日に本番会場で、13日の男子1000メートル予選に出場する坂爪亮介(タカショー)と高御堂雄三(トヨタ自動車)が調整した。

坂爪、高御堂とも1500メートルは予選敗退し、ともに残された出場種目が1000メートルだけとなった。坂爪は1500メートルでの惨敗に「正直ショックを引きずった」と苦笑いを浮かべながらも「気持ちを切り替える。予選を突破できれば、流れに乗れると思う」と巻き返しを誓った。

1500メートルで不運な失格となった高御堂は強豪ぞろいの厳しい組に入った。「やるしかない」と気合を入れた。