【ソチ共同】日本勢に期待がかかる注目のフィギュアスケートの男子ショートプログラム(SP)は13日午後7時(日本時間14日午前0時)に始まり、最終滑走の町田樹(関大)が午後11時半ごろ(同4時半ごろ)に終える予定。12日に公式練習が行われ、金メダルを目指す羽生結弦(ANA)は練習リンクでフリーの曲をかけ、トーループと課題のサルコーの4回転ジャンプを2種類成功させる好調な仕上がりを披露した。

高橋大輔(関大大学院)は4回転の回転が足りず、両足で降りる場面があった。町田はフリーの曲に乗って跳んだ4回転でバランスを崩したが、その後の調整では修正して着氷した。