ソチ冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで銀メダルに輝いた平野歩夢選手(15)と、銅メダルの平岡卓選手(18)が、一夜明けた12日に現地で記者会見し、「久々に自分らしい滑りができた。楽しかった」(平野選手)、「まだ実感が湧かないが、最高の滑りができた」(平岡選手)と喜びを語った。

冬季五輪の日本勢で最年少メダリストとなった平野選手。「金メダルが取れたんじゃないかと、ちょっと思った」ため、あまり寝られなかったという。会見では少し眠そうだったが「今後の自信になる。いい経験になった」と笑みを浮かべた。(ソチ共同)