大分合同新聞社は12日、ソチ冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢選手(15)が銀メダル、平岡卓選手(18)が銅メダルを獲得したことを伝える号外約千部を大分市中心部で配布した。

 号外を受け取った同市の会社員岩元晃さん(55)は今大会日本勢初のメダル獲得に「やっと取れて良かった。10代の活躍はすごい」、2選手と同世代の大分東明高校2年、矢野明菜さん(16)は「自分とは別世界という感じだが、かっこいい」と喜んだ。