【仁川共同】ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子で連覇を狙う韓国のキム・ヨナが12日、ソチ出発前に仁川国際空港で記者会見し「最後の五輪なので緊張しそう。最後だから集中できないのでは、という考えが頭をかすめている」と率直に心境を語った。

今季限りで引退を表明している23歳のバンクーバー五輪の金メダリストは「最後だと考えず、いつものように集中すれば楽しく(五輪を)終えられる」と、自らに言い聞かせるように話した。

報道陣からは、ロシアの団体金メダルの原動力になった15歳の新星ユリア・リプニツカヤについての質問が出たが、自分の演技に集中する姿勢を強調した。