ソチ冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒル(NH)に出場する日本代表4人が11日決まり、ジャンプの不振が続く湊祐介(北海道・東京美装、鷹巣農林高—日大出)は外れた。代表は渡部暁斗(長野・北野建設)、善斗(早大)兄弟と、加藤大平(サッポロノルディックク)、永井秀昭(岐阜日野自動車)。

 湊は「ジャンプの調子が上がらず、NHで飛べなかった。(18日の)ラージヒル(LH)に向けて頑張りたい」とさばさばと振り返った。

 NHの公式練習は9〜11日の3日間行われ、湊は日本勢5人の中で最も低調だった。出場に向けた最後のアピールとなる11日は3本飛んだが、いずれも距離を伸ばせなかった。特に3本目は84メートルで、エントリーした45選手中43位。他の日本勢は3本目で、加藤が97メートルで2位、渡部善、渡部暁、永井がそれぞれ3、4、9位と1桁台に乗せるなど調子がよく、水をあけられた。