チーム青森のメンバーとして出場した2006年トリノ五輪から8年、小笠原(旧姓小野寺)歩と船山(旧姓林)弓枝=ともに北海道銀行=が2大会ぶりに五輪のカーリングシートに戻ってきた。ソチのアイスキューブカーリングセンターで行われた初戦の韓国戦。終盤にショットの乱れから勝ち越しを許し7-12で敗れたものの、結婚、出産を経て復帰した大舞台で、若手を引っ張り堂々と戦った。試合後、2人は「青森は第二のふるさと。元チーム青森として頑張る」と、県民にメッセージを送り、次戦以降の勝利を誓った。