新種目のジャンプ女子で、今季W杯13戦10勝で17歳の高梨沙羅は100メートル、98・5メートルの合計243・0点で4位入賞にとどまった。W杯未勝利で22歳のカリーナ・フォクト(ドイツ)が103メートル、97・5メートルの247・4点で冬季五輪初代女王に輝いた。

19歳の伊藤有希は97・5メートル、101メートルの241・8点で7位に入賞。17歳の山田優梨菜は78メートル、64・5メートルの115・7点で最下位の30位だった。

2回目に最長不倒104・5メートルのダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が2位、コリーヌ・マテル(フランス)が3位。(共同)