【上川、下川】大会第5日の11日(現地時間)はジャンプ女子が行われ、日本のエースで上川町出身の高梨沙羅選手と、下川町出身の伊藤有希選手がいよいよ登場する。

 競技は日本時間の12日午前2時30分に始まる予定。両選手の故郷では試合に合わせ、大画面を見ながら応援する観戦イベントが開かれる。会場は上川町がかみんぐホール(開場午前1時30分)、下川町は総合福祉センターハピネス(同2時)。

 このうち上川町では10日、町職員らが会場設営に取りかかった。ステージに縦5メートル・横12メートルのスクリーンが設置され、長さ約8メートルの横断幕が2カ所に張られた。

 当日は豚汁や町特産のラーメンなどが無料で振る舞われ、町のマスコットキャラクター「かみっきー」もはちまき姿で応援に駆けつける。町教委の斉藤香さん(55)は「多くの町民で応援し、沙羅ちゃんには一番輝いたメダルを取ってほしい」と話した。(下山竜良、菅野愛)