ソチ冬季五輪のフリースタイルスキー男子モーグル予選で10日、決勝進出を果たした遠藤尚選手(23)=忍建設、猪苗代高卒。安定した滑りを披露し、地元猪苗代町の関係者は2大会連続で五輪に挑み、「震災に負けない姿を世界にアピールしたい」と被災地を代表して戦う遠藤選手に大きな声援を送った。

 遠藤選手が海外遠征から帰ると必ず顔を出す同町の「まるいち食堂」では、店主笠間義幸さん(51)や遠藤選手の同級生ら約20人が集いテレビ観戦。応援メッセージを掲げ、額に鉢巻き、手作りの応援うちわを振るなどして予選を見守った。遠藤選手が予選突破を決めると歓声を上げ喜び合った。

 同町で1月23日に開かれた壮行会後も遠藤選手は来店。験を担いでソースカツ丼を食べていった。笠間さんは「予選はまずまずの滑り。メダルまで突き進んでもらいたい」と期待する。しかし、モーグルは採点競技。「年々、評価基準が変わる。決勝では、自分が満足できる滑りを発揮してもらえればいい」と健闘を祈った。

(2014年2月11日 福島民友ニュース)