【ソチ共同】ノルディックスキーの新種目、ジャンプ女子の優勝候補で17歳の高梨沙羅(クラレ)が10日、試合会場(HS106メートル、K点95メートル)での最終調整で3回とも100メートルを越え、好仕上がりを示した。11日午後9時半(日本時間12日午前2時半)開始の本番に向け「3日間の練習で一番良かった。スピードもだいぶ戻ってきた」と自信をのぞかせた。

修正点に挙げた助走姿勢への入り方が「だいぶ固まった」との手応えを得て、最後は101・5メートルを飛んだ。30歳のダニエラ・イラシュコ(オーストリア)も2回目に101・5メートルをマークするなど引き続き好調。