アルペン女子スーパー複合でマリア・ヘフルリーシュ(ドイツ)が合計タイム2分34秒62で、2連覇を遂げた。前半滑降5位から後半回転で逆転し、前回バンクーバー大会の回転を含め五輪通算3個目の金メダルを獲得した。

ニコル・ホスプ(オーストリア)が0秒40差の2位に入り、前半滑降トップのジュリア・マンクーゾ(米国)が3位だった。(共同)