2回の合計タイムで争うスピードスケート男子500メートルで、バンクーバー冬季五輪で銀、銅メダルの長島圭一郎と加藤条治(ともに日本電産サンキョー)が表彰台の頂点を目指す。

ショートトラックの女子3000メートルリレーは、エース酒井裕唯(日本再生推進機構)、伊藤亜由子(トヨタ自動車)らでメダル獲得を狙う日本が予選に出場。同500メートルの予選には酒井、伊藤、桜井美馬(東海東京証券)が臨む。

男子1500メートルは予選から決勝までを1日で実施。右脚骨折を乗り越えて代表入りした坂爪亮介(タカショー)高御堂雄三、坂下里士(ともにトヨタ自動車)が出場。

フリースタイルスキー男子モーグルは予選から決勝までを実施し、遠藤尚(忍建設)と西伸幸(白馬ク)が上位をうかがう。(共同)