【ソチ共同】フィギュアスケートの監督を務める日本スケート連盟の小林芳子強化部長は9日、アルメニアの首都エレバンに用意した独自の練習拠点で女子の浅田真央(中京大)と鈴木明子(邦和スポーツランド)が個人種目に向けて調整することを明らかにした。

同連盟がソチと時差がなく、気候が似ていることなどを理由に選んだエレバンの宿泊施設にはキッチンや日本食のレトルト食品を準備してあるという。19日に女子ショートプログラム(SP)が行われるため、団体終了後に移動して約1週間の合宿となる予定。