【ソチ共同】米紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼット」は8日付電子版で金属の直近の市場価格をもとにソチ冬季五輪のメダルの貴金属としての価値を算定し、金メダルを約550ドル(約5万6千円)、銀を約310ドル(約3万2千円)、銅を約3・25ドル(約300円)と評価した。

大会組織委員会によると、メダルの大きさは金、銀、銅とも厚さ1センチ、直径10センチで統一されているが、材質が異なるため重さが違う。金メダルは525グラムの銀に6グラムの金メッキが施されている。

同紙によると、仮に金だけで今回の金メダルを作れば価格は2万1500ドル(約220万円)になる。