【ソチ8日】6日に現地入りしたノルディック複合の日本選手団5人の記者会見が8日行われ、北秋田市出身の湊祐介(28)=北海道・東京美装、鷹巣農林高—日大出=は「ジャンプの調子は上がり、距離も走ることができている。個人戦でも団体でもいけるように仕上がっている」と好調さを強調し、「団体ではメダルを狙う」と目標を掲げた。

 湊にとっては、前回の2010年バンクーバー大会に続く2度目の五輪。ソチの競技場は五輪のテスト大会として昨年2月に2戦あったワールドカップ(W杯)で経験済みで、ジャンプ台については「ふだん練習している札幌・大倉山に似ており、相性が合う」と話した。

 距離コースに関して「滑るのにテクニックがいるコースで自分は得意。自信を持って走れる」と代表5人のうち4人が選ばれる各種目の出場枠獲得をアピールした。