ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒルで、41歳の日本選手団主将、葛西紀明(土屋ホーム)が7度目の五輪で個人初の表彰台を狙う。竹内択(北野建設)清水礼留飛、渡瀬雄太(雪印メグミルク)は予選から本戦を目指す。

羽生結弦(ANA)が好演技を見せた新種目のフィギュアスケート団体は、上位5チームによる男女とアイスダンスのフリーが行われる。

アイスホッケー女子は、1998年長野冬季五輪以来の出場となる日本が1次リーグ突破の大きな鍵となるスウェーデンとの初戦に臨む。スピードスケート女子3000メートルには中長距離のエース格、穂積雅子(ダイチ)らが上位をうかがう。リュージュ男子1人乗りの3、4回戦で金山英勢(札幌学院大)の順位が決まる。(共同)