フィギュアスケート新種目の団体で日本は4種目の順位点合計の上位5チームによるフリーへ進み、5種目を終えて30点の5位につけた。首位は47点のロシアで、2位に41点のカナダ、3位で34点の米国が続き、4位が31点のイタリア。

日本は女子ショートプログラムで浅田真央がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、64・07点の3位。アイスダンスのショートダンスはキャシー・リード、クリス・リード組が52・00点の8位で、ペアのフリーは高橋成美、木原龍一組が86・33点で5位だった。

9日に行われる男女とアイスダンスのフリー3種目との合計で最終順位が決まる。