スキー・ジャンプ男子ノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)予選で日本勢は3人が40位以内を確保し、ワールドカップ(W杯)個人総合3位で予選免除となる41歳の葛西紀明(土屋ホーム)とともに4人全員が9日の本戦に進んだ。

清水礼留飛(雪印メグミルク)が101・5メートルの126・2点で3位となったほか、竹内択(北野建設)は97・5メートルの119・1点で7位、渡瀬雄太(雪印メグミルク)は95メートルの113・5点で20位通過した。(共同)