スピードスケート男子5000メートルでスベン・クラマー(オランダ)が、6分10秒76で自身の持つ五輪記録を更新し、2連覇を果たした。18歳のウィリアムソン師円(山形中央高)は6分42秒88で最下位の26位だった。

オランダ勢が表彰台を独占し、ヤン・フロクハイゼンがトップから4秒95差の2位、3位はヨリット・ベルグスマだった。(共同)